次回初診予約10/5(水)12:10~12:45,15:30~17:25で空きあり。Web予約はココをクリック

うつは甘えですか? 精神科専門医が答えます。

疑問うつ

いいえ。「病気」です。

うつの治療をしていると患者さんから、

患者さん
患者さん

周りの人はできているのに、私ができないのは「甘え」でしょうか?

という質問を受けることがあります。
それに対する答えは、「いいえ。」です。うつとは、脳が病気な状態なのです。

脳

うつの症状が出る代表的な精神科の病気は、

  • うつ病
  • 躁うつ病(双極性障害)

です。いずれも、「遺伝的要因」「心理的・社会的要因」「本人の考え方・性格」などが複雑に絡み合って発病します。

発病要因の関連図

そして、発病にあたって、うつ病では遺伝が果たす役割が30%ほど、双極性障害ではかなりの部分に遺伝が影響していると考えられています。詳しくは以下のページをご参照ください。

更に、うつ病患者さんの脳の画像研究では、脳の一部で著しい血流低下が確認されています。「甘え」で脳血流は下げられません。「うつとは、脳が病気な状態である。」と考えるべきであり、「甘え」などという曖昧な精神論で片づけるべきではないと考えます。

院長
院長

「甘え」だと自分自身を責めたり、自分に否定的になってしまうのも、うつの症状でしょう。

私は精神科医として、少しでも正しい精神医学の知識が世に広がって欲しい、そして「甘え」などという誤解が消えて欲しいと願っています。

このホームページでは、出来るだけわかりやすく心の病気について説明していますので、他の記事もぜひ読んでいただき、病気の理解を深めてもらえれば幸いです。

著者:臼井 敏晶医師

院長臼井敏晶医師
診察室での院長

資格・所属学会

精神科専門医 / 精神保健指定医(厚生労働省) / 日本医師会認定産業医 / 麻酔科標榜医 / 麻酔科認定医(2017年~2022年)・日本精神神経学会 / 日本ADHD学会

略歴

愛知県立明和高校卒業後、山梨大学医学部医学科へ進学。卒業後は豊田厚生病院での研修を経て名古屋大学精神科へ入局。その後、大学の関連病院で勤務の後、2022年に大曽根駅前こころのクリニック院長就任。
 詳しいプロフィールはこちら》

参考
  • カプラン臨床精神医学テキスト(11版):アメリカで有名な精神医学の教科書です。
  • 標準精神医学(第7版):精神科の教科書です。

タイトルとURLをコピーしました