次回初診予約10/5(水)12:10~12:45,15:30~17:25で空きあり。Web予約はココをクリック

うつ病による睡眠の変化を精神科専門医が解説。

うつで眠れない女性うつ

うつ病患者さんの約8割は睡眠の問題を抱えています。10人中8人とイメージするととても多いですね。
うつ病になると睡眠がどのように変化するのでしょうか?

うつ病患者さんの睡眠の特徴
  • 寝つきが悪くなる。
  • 夢をよく見る。
  • 朝早くに目が覚めてしまう。
  • 何度も目が覚める。
  • 睡眠が浅くなる。

これらは、うつ病患者さんが寝ているときの脳波(脳の細胞の電気的な活動を、頭皮につけたセンサーで記録したもの)を研究してわかってきたことです。

院長
院長

うつ病じゃない人からしたら、「夢をよく見る」って意外ですよね。

患者さん
患者さん

確かに。寝れないのは何となくイメージしやすそうです。
寝れない割にはやたら夢をよく見るなって事はありますね。

睡眠には夢を見ないノンレム睡眠と、夢を見るレム睡眠とがあり、一晩の中で数回ほどノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返します。
寝付いたあと、まずノンレム睡眠が約90分ほど続いた後にレム睡眠がやってくるのが通常です。
ところが、うつ病患者さんの睡眠では、

CHECK
  • 健康な人より早くレム睡眠に入る。
  • 1回目のレム睡眠が健康な人より長い。

という傾向が脳波の研究ではみられます。その結果、「寝れない割にはやたら夢を見る」という事が起こりがちです。どうしてうつ病患者さんが夢をよく見るのか、脳って不思議ですね。
睡眠については解明されていない事も多いですが、今回はうつ病と睡眠についてのお話でした。
他にも出来るだけわかりやすく解説するよう心掛けていますので、他の記事も読んで頂ければ幸いです。

参考
  • 日本精神神経学会専門医認定試験問題集解答と解説第2集:日本精神神経学会が発刊している専門医認定試験対策の問題集です。こちらのp.79の内容を今回の投稿では参考にしています。

著者:臼井 敏晶医師

院長臼井敏晶医師
診察室での院長

資格・所属学会

精神科専門医 / 精神保健指定医(厚生労働省) / 日本医師会認定産業医 / 麻酔科標榜医 / 麻酔科認定医(2017年~2022年)・日本精神神経学会 / 日本ADHD学会

略歴

愛知県立明和高校卒業後、山梨大学医学部医学科へ進学。卒業後は豊田厚生病院での研修を経て名古屋大学精神科へ入局。その後、大学の関連病院で勤務の後、2022年に大曽根駅前こころのクリニック院長就任。
 詳しいプロフィールはこちら》

タイトルとURLをコピーしました